2011年03月29日

精神的観点からの考察〜柴田大輔

映画にも多種多様なものがあるが、こと邦画というと他の映画と一線を画す位置づけとして認識している節があるものである。
印象に残っている映画を上げるとするなら柴田大輔監督の映画だ。ご存知かとは思うが、印象的な場面がちりばめられ、余韻に浸ることができるものである。懐かしさを感じる。こんな表現が適切かもしれない。
小さい頃を思い出して欲しい。何気ないことだけど印象に残っていることは数え切れないのではないだろうか。
そんな光景が柴田大輔監督の作品から得られるのである。
ラベル:柴田大輔 映画
posted by sin at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

映画監督・柴田大輔

1973年兵庫県に生まれた柴田大輔は、早稲田大学、桑沢デザイン研究所デザイン科・夜間部を卒業し、1997年に電通テックに入社した。そこでは、様々なCMの制作に携わり、2002年にロサンゼルスへ留学。『License』、『P.O.W』を手がけ、帰国後してからはフリーランスとして数々のCMを制作。映画「さらば愛しの大統領」が初長編映画監督作品となる。これまでに「GEORGIA」や「MATCH」、「焼きそばU.F.O.」、「森永ハイチュウ」、「TOWN WORK」などのCMを世に送り出した。
ラベル:柴田 大輔 映画 監督
posted by sin at 13:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。