2011年03月29日

精神的観点からの考察〜柴田大輔

映画にも多種多様なものがあるが、こと邦画というと他の映画と一線を画す位置づけとして認識している節があるものである。
印象に残っている映画を上げるとするなら柴田大輔監督の映画だ。ご存知かとは思うが、印象的な場面がちりばめられ、余韻に浸ることができるものである。懐かしさを感じる。こんな表現が適切かもしれない。
小さい頃を思い出して欲しい。何気ないことだけど印象に残っていることは数え切れないのではないだろうか。
そんな光景が柴田大輔監督の作品から得られるのである。
ラベル:柴田大輔 映画
posted by sin at 00:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。